SEOを実施する前に知っておきたい検索を利用する4つの目的

SEOを実施する前に知っておきたい検索を利用する4つの目的

SEOという言葉は知っていますか?
Search Engine Optimizationの頭文字を取ったもので、日本語に訳すと『検索エンジン最適化』です。
googleやYahooの検索エンジンに対して、わかりやすく情報を伝えるようなものです。

色々な目的はあると思いますが、大体の目的は検索結果の上位に表示させることです。

SEOはそれだけで会社が成り立つぐらい、重要で専門的な技術が必要な分野でもあります。
しかし、普通にホームページを運用していくのなら、そこまで専門的な技術は必要はいらないでしょう。
検索エンジンが必要な概念を知っていれば、自然と最適化されると思います。

今回は、SEOを実施する前に知っておきたい検索を利用する目的を説明します。

検索する目的とは

検索するということは目的が必ずあります。
何も考えていなくても、検索という行動を起こした時点で何かしら考えているからです。
では検索するにはどのような目的があるでしょうか。

情報探索を目的とした検索

1番に多い目的は情報を探索する検索です。
例えば…

  • 作曲 + 方法
  • 山手線 + 時刻
  • 本 + オススメ

などです。
SEOする上で1番の重要です。
googleやYhaooが1番の重要だと感じているのが『最も適切な情報伝える』ことだからです。
なぜなら『最も適切な情報伝える』ことは、『誰かの問題を解決するため』に必要だからです。
SEOをする上で『誰かの問題を解決するため』であることを意識して下さい。

サイトに移動することを目的とした検索

2番目に多いのが、これは固有名詞などで検索するパターンです。
例えば…

  • youtube
  • Yahoo
  • amazon

のような、会社名やサイトの名前です。
特に気にすることはありませんが、サービスやグループ名や会社名が英語の表記なら、カタカナの表記も入れるようにしましょう。
例えばyoutube(ユーチューブ)などです。

購入などを目的とした検索

3番目に多いのが購入も目的とした検索です。
例えば…

  • ノートパソコン + amazon + 安い
  • itunes + ミスチル + ダウンロード

などです。
これは購入を目的としている検索です。
なので、そういったユーザーの検索するワードを意識して下さい。

情報探索を目的とした検索とは、どう違うのか?
それはもうすでに商品について詳しく調べている可能性が高いことです。
詳しく調べているのなら、購入する可能性が高いです。
そういったユーザーが気になる情報は、価格や保証期間などだと思います。

なので、そういったキーワードを意識する方は、記事やコンテンツの作り方を間違えないようにしましょう。

接続性を確認するための検索

最も少ない目的が接続性を確認するための検索です。

  • site:http://web082.com/
  • link:http://web082.com/

などがあります。
この検索ワードで、リンクの数を調べたり、サイトのインデックスのされてる数を調べたりします。(少し専門的ですね…)
特に気にする所はありません。
こんな検索もあるんだという認識で大丈夫だと思います。

以上がSEOを実施する前に知っておきたい検索を利用する4つの目的です。
SEOの根本を知っておくと、記事やコンテンツを作る際に、指針になるので頭の片隅に置いて頂ければと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント