バンドマンの練習できる場所を考える

バンドマンの練習できる場所を考える

こんにちわ。村上です。
バンドをしている人はどのように練習場所を確保しているのでしょうか?
エレキギター、ベース、キーボードはスタジオを使わなくても練習出来るのですが、
ヴォーカルやドラムやサックスなど、大きい音が出る楽器の方はどうしても自宅では練習しにくいと思います。
また、家で練習できても大きい音で練習したい場合もあります。

そこで今回はメリットとデメリットを含めて、色々な練習環境や練習方法をまとめて見たいと思います。

音楽スタジオ

基本の音楽スタジオです。
機材も揃っていて、スタジオによっては手ぶらで行っても練習できます。
防音もされているので周りに気を使うことも無いでしょう。

  • メリット
    機材が揃っている
    楽器やレコーディングの機材も借りれる所もある
    防音もしっかりしている
    部屋が広い
  • デメリット
    お金がかかる
    好きなときに練習できない
    休み前は予約で結構埋まっている

カラオケ

カラオケも練習場所として使える事もあります。
お店によって禁止されている所の方が多いので、事前に確認しましょう。
最近のカラオケの機種でjoysoundf1というのはギター、ベース、電子ドラム(お店に確認しましょう)も繋げて使ってもOKみたいです。
スマートフォンが繋げられる端子があれば、ヴォーカルの方はオケだけ撮って貰えば練習できますね。
OKな店があれば

  • メリット
    スタジオより数が多い
    スタジオよりは気軽にいける
    夜中でも練習できる
    機種によっては録音もできる
  • デメリット
    禁止しているお店が多い
    お金がかかる
    何も繋げない事もある
    ドラムは練習しにくい

防音室

個人で練習するなら防音室というのもあります。
ただし価格が高いので、手を出しにくいです。
また、場所も取るので家とお金に余裕がある方でないと難しいかもしれません。
最近はだんぼっちという安価で買える防音室もあります。
ただし普通の防音室に比べると防音効果は低いそうですが…

  • メリット
    好きなときに練習できる
    集中して練習できる
    レコーディングの際に雑音が入らない
  • デメリット
    価格が高い
    場所を取る
    1人しか入れない

公共施設で練習する

公共施設を練習場所として貸し出している所もあります。
場所によってはスタジオと同じ機材があったりする所もあります。
ほぼ何も無く、部屋が防音になっている所もあります。
大体は部屋単位で貸しているので、個人練習で使わなければ、
金額は音楽スタジオに比べるとかなり安いほうだと思います。

住んでる市町村によって違うと思うので、確認してみてはいかかでしょう。

  • メリット
    価格が安い
  • デメリット
    数が少ない
    市町村によって無い所もある
    予約が埋まるのが早い(多分…)
    終わる時間が早い

楽器を変える・消音処理をする

場所では無いですが、楽器を変えるか消音処理をする手もあります。
アコースティックギターなら、サイレントギターにするとか、ピックを変えるとか。
ドラムなら電子ドラムにするとか。
トランペットでも後付でサイレントブラスというのもあります。
全部の楽器はここでは書ききれないので省略しますが、
自分の楽器の音を小さくする方法を考えてみるのはいかがでしょうか。

  • メリット
    好きなときに練習できる
    そこまで周りに気を使わなくてもいい
  • デメリット
    初期投資にお金がかかる場合もある
    人によっては弾いた気分にならない
    振動が伝わる楽器はどうしても近所迷惑になる?

スタジオを作る

かなり大変ですがスタジオを作る方法もあります。
もうそこまでしたら、開業してしまった方が早い気がしますが…
日本のバンドでもデビューする前に自分で簡易スタジオ作る方がいるみたいです。
最近流行っているSEKAI NO OWARIはライブハウスをみんなで作ったみたいですね。
しかしお金がかかりそうです。

  • メリット
    一度作ればお金がかからない
    好きな時間に練習できる
  • デメリット
    お金がかかる
    場所をとる
    近隣の騒音を気にしなければいけない

以上がいまの所自分が考えつく練習場所です。
やはり自宅練習かスタジオ練習に落ち着きます。
学生だったら、学校内に練習場所が沢山あるので、
在学中にいっぱい練習して下さい(笑)

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント