【保存用】クチコミされやすいブログやコンテンツの10個のパターン

【保存用】クチコミされやすいブログやコンテンツの10個のパターン

ブログ記事やサイトを作成していると、一度は思うことがあります。
それはたくさんクチコミしてもらいたいということです。

しかし、普通にブログ記事やサイトを作成しても、なかなかクチコミなんてしてもらえないですよね…
そこで今回はクチコミされやすいコンテンツはどのような物があるのか考えていきます。

プロなどが教える系のコンテンツ

例:All About(オールアバウト)
対象:業界に興味がある人

人気が出やすく、自分で簡単に実現出来るのがプロなどが教える系のコンテンツです。
何かしら仕事をしているのなら、必ず何かのプロであると思います。
また仕事以外にも、何かの趣味を持っていると思います。
例えば楽器等を弾いているなら、楽器の弾き方や、作曲の仕方などでも、教える系のコンテンツは作れると思います。
他にもニコニコ動画が趣味なら、動画の作成の仕方でも面白いと思います。
一つの記事で人気を集めるのは難しいので、こういったコンテンツは作るのに時間がかかると思います。

素材配布系のコンテンツ

例:PAKUTASO/ぱくたそ-商用無料(フリー)の写真素材
対象
:クリエイター

素材配布系のコンテンツも人気を集めやすいです。
一般的に多いのが、写真の素材とイラストの素材です。
バンドマンなら音楽系の素材等を配布すると面白いと思います。

また一般的ではあまり無いような変わった素材は、コアなファンに喜んでもらえます。
例えば、ドラムのmidi素材とか、イラストレーターで使えるepsの素材などがあると思います。

また規約も詳しく明記しておけば、素材を使う人も安心して使えるでしょう。
商用利用禁止、成人用コンテンツでの使用の禁止など。

写真やイラストなど、人気のあるジャンルで行おうとすると、量と質が求められるので、こういったコンテンツを作る際は選定に気をつけて下さい。

診断・占い系のコンテンツ

例:診断メーカー
対象
:色々なユーザー

プログラミングの技術が必要ですが、診断・占い系のコンテンツはコンテンツは人気を集めます。
特に、facebookのtwitterなどのソーシャルネットで拡散されます。
もし、バンドマンが行うなら、その人の話を聞いてあげて作曲してあげるとかですかね?
かなり人力な方法ではありますが…

自分でプログラミングを身につけて、そういったサービスを自分で考えてもいいでしょう。
気をつけるのが、使ってもらったあとにどのようにして、ユーザーをお客にさせるのかです。
ほとんどの方がただ使って終わるので、次にどういった行動を取るのか考えて対策しましょう。

衣食住に関連するコンテンツ

例:大人になれる本 | Otona Web Magazine
例:賃貸Diyブログ | iPhone・Macの情報発信ブログ
例:レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド
対象:色々なユーザー

衣食住に関連するコンテンツは誰でも興味があるので人気を集めやすいですね。
バンドマンなら、ミュージシャンのファッションやブランドについてや、防音の部屋にするDIYとかですかね?
どのような方でも、この3つなら何かしら記事で書けると思うのでオススメだと思います。
ただ、仕事や趣味の内容と衣食住に関連するコンテンツが全く関係が無いのなら、記事が人気を集めてもユーザーが何かの行動には結びつかないので気をつけましょう。

美人・動物・子供を意識したコンテンツ

例:美人すぎる〇〇な人たち【画像】 – NAVER まとめ
対象:色々なユーザー

ウェブ以外でもそうなのですが、美人・動物・子供を意識したコンテンツは人気を集めるそうです。
少し前に流行った、美人すぎる〇〇や、猫系のグッズや本、定期的に出てくる天才子役などです。

コンテンツでは無いのですが、路上ライブで女性の方が人気になりやすいのは、そういった効果があると思います。
なので、周りにかわいい人や動物がいるのなら積極的に活用してあげるといいと思います。
もちろん、本人が嫌がったらダメですよ。

きれいな画像・面白い画像・かわいい画像のコンテンツ

例:【画像】死ぬまでに一度は撮ってみたい!?息を呑むほど美しい風景写真40連発 – IRORIO(イロリオ)
例:ボケて(bokete): 写真で一言ボケるウェブサービス
対象:色々なユーザー

先ほどと似ていますが、きれいな画像・面白い画像・かわいい画像のコンテンツもよく話題になります。
またボケてのように、コンテンツに対してツッコミをしたくなるのも、人気に集める重要な要素です。
ギタリストが記事を作るのなら、広島で美人なギタリスト10人や、面白いと変形ギターのまとめ、などができそうです。

掛け合わせるコンテンツ

例:PVだけでいいんですか?/【漫画】Webマーケッター瞳 第1話 | Web担当者Forum
対象:色々なユーザー

掛け合わせるコンテンツがは組み合わせによっては、ものすごく効果があると思います。
上の例は、漫画とWEBマーケティングを組み合わせて、難しい話を簡単に説明しています。

まず自分の仕事や趣味や興味のあることなどをリストアップしてみて、それが実際に掛け合わせられるか考えてみてはどうでしょう。
それが今までにないジャンルを、生み出すかもしれません。

統計データ系のコンテンツ

例:googleトレンド
対象:データに対して興味のあるユーザー

統計データ系のコンテンツ特定の業界からのデータを集めることができます。
また、その統計データを使って、何かしらの記事を書くことも出来ると思います。
しかし調べて、すぐ出てくるようなデータは、誰かがまとめているので、自分のオリジナルのデータを探すといいと思います。
それか複数のデータを集めて、データを比較するのも面白いと思います。

インタビュー系のコンテンツ

例:ザ・インタビューズ – 聞かれるなら答えます
対象:インタビューに対して興味のあるユーザー

インタビュー系のコンテンツは、会話をしている形式なので、文字を読むのが苦手な方でも見てくれると思います。
インタビューをするとネットには無いような独自の意見や体験を言ってくれることも多いのです。
そのような新鮮な内容なのでクチコミを集めるのだと思います。

難しく考えなくても大丈夫だと思います。
テレビや雑誌などのコンテンツには、インタビューや会話形式の記事が入っています。
なのでそういった記事を参考に作ってみてはどうでしょう。

有名な方の話でもなくても、自分の周りの友人のインタビューをしてもいいと思います。

まとめ系コンテンツ

例:NAVER まとめ[情報をデザインする。キュレーションプラットフォーム]
対象:インタビューに対して興味のあるユーザー

2014/6/12現在、1番クチコミされる記事が多いのが、コンテンツがまとめ系コンテンツだと思います。
NAVERまとめ以外でも、自分のブログ記事でも色々な記事をまとめている方が多いですね。
内容もタメになることが多いので、見る人のニーズに合えば、すぐにクチコミされます。

しかし、まとめ系コンテンツは自分の考えがあまり無いことが多いので、頻繁に作り過ぎない方がいいと思います。
または自分の書いたコンテンツをまとめるなど、ある程度自分の中でルールを決めて行うと良いでしょう。

以上がクチコミされやすいブログやコンテンツの10個のパターンです。
もちろんこれ以外にも、色々パターンがあると思います。
そんな時はご一報頂ければ幸いです。

この記事がみなさんのお役に立つように。
今日は広島は雷です…

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント