アフィリエイトの商品を選ぶ時に気をつけたい7つのポイント

アフィリエイトの商品を選ぶ時に気をつけたい7つのポイント

皆さんアフィリエイトというのはご存知ですか?
商品を紹介して、それに対して購入したりお問い合わせがあれば、
紹介料や購入金額の数%が貰えるというものです。

私もたまにアフィリエイトをしているのですが、記事を書けばほぼ永続的に紹介料が貰えます。
(私の場合は金額は少ないですが…)

そこで今回は紹介するアフィリエイトを選ぶ際に、そのような方法で選んでいるか紹介したいと思います。

アマゾンと楽天とASP

まずアフィリエイトには大きく別けて二種類あります。

1つはアマゾンと楽天でアフィリエイトです。
紹介できる商品は出ているは購入できる物ほぼ全てです。

もう1つはASPを使ったアフィリエイトです。
ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダの略です。
こちらは各会社のASPに登録されている商品を紹介できます。

2つをメリットとデメリットを比較します。
アマゾンと楽天は好きな物を紹介できます。
しかし紹介料が低いことが多いです。

ASPの場合は楽天とアマゾンに比べて商品の量がかなり少ないです。
しかし紹介料も大きい事が多いです。
また、紹介できる商品も物だけではなく、サービス自体もあります。

ちなみに厳密に言えばアマゾンと楽天のアフィリエイトもASPになるそうです。

 今回はASPで紹介しているものから選びます

今回はASPから紹介しているものから考えていきます。

いつも自分の使用しているASPはA8.netです。

アフィリエイトサービスなら日本最大級のA8.net(PC・スマートフォン対応)
A8.netは、PC・スマートフォン対応アフィリエイトサービスで広告主数約4000社・アフィリエイトサイト数約130万サイトに支持され、初心者でも簡単に副収入を得ることが可能な日本最大級の成果報酬型インターネット広告です。

考え方自体はどのようなASPでも通用すると思うので、他のASPを使用している方は置き換えて考えて下さい。

自分の得意・好きなジャンルの物を選ぶ

まず一番重要なのが自分の得意・好きなジャンルの物を選ぶのがいいと思います。
興味があるものはもともと調べていることも多いですので、記事のネタにはあまり困らないと思います。
A8.netの場合は紹介プログラムがカテゴリごとに検索できるので、そこから探すのもオススメです。

自分が使った事のある物を選ぶ

これは可能な人だけでも大丈夫だと思います。
プログラムの内容によっては、
サンプルを送ってくれたり、
自分で紹介しているものを買ってもキャッシュバックしてくれる物もあります。

そういった方法で興味が無くても使用してみて、
商品の写真を撮ったり、使用感を書いたりするのもいいと思います。

バナー素材を見る

バナーの素材が多いほうが、自分のサイトのイメージに合ったものを使えるのでいいと思います。
逆に少ないとその広告主の方が、アフィリエイトにあまり力を入れ無いのではないかと自分は考えているので、
そういったプログラムは避けるようにしています。

リスティング広告をしているか

リステイング広告は検索結果の上と右に出ている広告です。

リスティング広告とは

googleでは広告と出ています。(2014/5/19現在)
これは絶対に必要ではないですが、こういった所でも広告が出ていれば、自分の紹介した商品の成約率も上がる可能性があります。
何故かと言うと、アフィリエイトはの仕組みとして自分サイトを経由して、広告主のサイトに行くとそのサイト行った履歴が残ります。
その後何日後に商品を紹介したサイトで買っても紹介料が入ります。

なので、紹介した商品がなるべく露出している方が成約率も上がると思います。

アドネットワーク利用をしているか

アドネットワークというのは、その人の検索履歴等を判断して適した広告を出す方法です。(間違っていたらスミマセン…)

アドネットワークの仕組みと特徴|デジタルマーケティングラボ
現在のアドテクの原点、アドネットワークについて図で分かりやすく解説!アドネットワークの仕組みと特徴、行動ターゲティング(BTA)について解説。また、広告主にとってのメリットとデメリットを整理しました。運営:デジタルマーケティングラボ(DML)

みなさんの中でネットを使用していて、何回も同じバナー広告を見たことはありませんか?
それは、訪れたサイトがお客様が訪れた事認識して、それに応じて同じ広告を何回も表示させているのです。

なので1度興味のあるプログラムのサイトを見て、そのプログラムの商品が何回も出てくれば、そういったサービスを利用しているでしょう。
自分がプログラムを選ぶ時は、こういったサービスを利用しているか確認します。

宣伝している方が成約数も多いと思います。

検索の順位を確認

紹介したいプログラムをみつけます。
その後グーグルとヤフーで検索されるであろうキーワードで検索してみます。
またはそのサイトのソースコードを見て、SEO対策されている検索キーワードを確認します。

そして考えたキーワードと調べたキーワードを検索してみて、どのぐらいの順位になるか確認します。
検索してみて順位が低いと、知名度が低い可能性もあるのでそこも選ぶ時の判断材料にします。

サイトで商品の説明をちゃんとしているか

一番重要なのがサイト内で商品がちゃんと説明されていることです。
サイト内で商品が説明されているのなら、会社としてしっかりしています。
アフィリエイトを紹介する人だけの情報に頼ったサイトは、情報が雑に感じます。

やはり最終的にお客様の事を考えるのなら、最後まで気を抜かないとは思います。
またお客様の事を考えているのなら、商品購入までの動線をしっかり作っていることも多いです。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント