【広島】第67回「WEB TOUCH MEETING」に行ってきました

【広島】第67回「WEB TOUCH MEETING」に行ってきました

WEB TOUCH MEETINGとは 主に広島県、中国地方の方を対象に ウェブ周りの技術や知識に関して 自分は知ってる当たり前のことを まずはさわりの部分からでも お互いにしあいましょうという会です。

WEB TOUCH MEETINGより引用

広島でこのようなWEBやプログラム、デザインに関する勉強会があります。
先月も行ってきましたが、今月もまた行ってきました。

WEB TOUCH MEETING

日時は2014年5月26日 13:00~17:00
行われた場所は広島の袋町の市民交流プラザです。

今回の内容

今回はすべてWordPressに関する事です。

  • 『WordPressってこういうCMS』 川谷制作の川上さん
  • 『インストールから、簡単なテーマ作成までを行うハンズオンセミナー』
    KDDIウェブコミュニケーションズ クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト 阿部 正幸さん

が今回担当してくれました。
ありがとうございます。

川上さんが『WordPressってこういうCMS』テーマでWordPressの全体的な概要について、
阿部 正幸さんが『インストールから、簡単なテーマ作成までを行うハンズオンセミナー』です。
ハンズオンセミナーとは実際にパソコンに触ってみて動かして行う形式です。

WordPressってこういうCMS

川谷制作の川上さんが話してくれました。
こちらはスライドをUPして頂いてるのでそちらを参考にしてください。

個人的に重要な点は3つです。

  • CMSとしてのポイント
  • 情報とプラグインの多さ
  • 向いてるサイトと向いてないサイト

1点目がCMSとしてのポイントです。
それは無料であることです。
無料であるので、ここまでの広がりを見せているのではないかと思います。
また、無料なのでサポートは無いです。
カスタマイズも自分で考えなくてはいけません。
なので、何も考えずに導入すると別のCMSやサービスを使った方が安価に出来る事もあります。
また何かしら問題があっても、身近に詳しい人がいない限りは自分で問題を解決しなければいけません。
そこは気をつけなくてはなりません。

2点目が情報とプラグインの多さです。
WordPressはネットの情報と書籍の数がCMSの中でも恐らく一番多いとです。
またWordPressには『プラグイン』という追加で機能を加えられる物があります。
そのプラグインもかなりの量があります。
また情報が多いデメリットもあります。
それはセキュリティの弱点も悪い人に共有されることです。
なのでWordPressは一番攻撃を受けるサイトらしいので、最低限の対策をちゃんとしましょうとの事です。

3点目が向いてるサイトと向いてないサイトです。

  • お客様自身が更新しない
  • ページレイアウトがバラバラ
  • 更新しないサイト
  • フルカスタマイズ
  • ものすごくページ数が多い

があまり向いていないと思われるサイトです。
お客様自身が更新しないというのは、制作会社自身が更新するパターンです。
制作会社自身が更新するなら、必要がなければ無理やり入れなくても大丈夫です。
ページレイアウトがバラバラだと、テンプレートのページを作る必要があるので、
恐らく静的なHTMLで作った方が早いと思われます。
まったく更新しないならサイトなら、そもそも入れる意味がないです。
管理画面などもフルカスタマイズするなら、別のCMSを導入する後々のコストが安く可能性もあります。
ものすごくページ数が多いと、サイトが重くなるので調整がかなり必要らしいです。
WordPressはPHPを使い動的にページを作成しているからだと思います。

最後に質問がありました。
川上さんがおすすめするプラグインは何ですか?
という質問だったと思います。(間違っていたらスミマセン…)
それに対して『本ですが…』という事で、

川上さんはこの本をよく使っているそうです。
WordPressのプラグインは英語の物が多いので、
こういった日本語の書籍で説明しているのは非常に役に立つそうです。
ちなみに自分も持っています!

インストールから、簡単なテーマ作成までを行うハンズオンセミナー

次にハンズオンセミナーを行いました。
KDDIウェブコミュニケーションズクラウドホスティング事業本部エバンジェリスト阿部 正幸さんです。
わざわざ東京から来てくれたそうです。

大きく3つのセッションで別れました。

  1. WordPressのインストール
  2. Bootstrapの説明
  3. WordPressの組み込み

です。

WordPressのインストール

WordPressのインストールです。
これはローカルサーバーを立ち上げて、PHPを入れてとかではなく、
レンタルサーバーなどのコントロールパネルを使用してWordPressをインストールする方法です。
今回はサーバーはハンズオンのために提供してくれました。(多分…)

最近のレンタルサーバーはほとんどそうらしいのですが、WordPressのインストールする機能が付いているそうです。
そういった事を想定してWordPressをインストールしました。

これは特に何かしら技術が必要ではなく、ほぼマウスのクリックのみでインストールできます。
WEBのヘルプ通りに進めていけばインストールできます。
説明が下手で申し訳ないです…
ただ気をつけるのがレンタルサーバーでWordPressを使うならPHPを使えるプランにすることです。
WordPressはPHPで動くのです。
たまに安すぎるプランではPHPが入って無いこともあるそうです。

Bootstrapの説明

阿部 正幸さんが言うにはBootstrapを使えば、オシャレなサイトがサクッと作れるそうです!

BootstrapとはCSSのフレームワークの事です。
難しいですね!

CSSに初めからルールが決まって入っていて、それを適用するとその通りにCSSが表示されます。
例えば『幅半分』とclass名を付けるとそこの幅が半分になります。
『緑のボタン』とclass名を付けるとそこのボタンが緑になります。
実際には『幅半分』『緑のボタン』のclassという物はありませんよ!

詳しくは知りたい方は下記の記事が参考になります。

Webデザイン初心者でもできる、Bootstrapの使い方超入門 (1/4) - @IT

今回はこちらのフレームワークを使いました。

Bootstrap

こちらのページからダウンロードしたファイルにはHTMLがありません。
http://getbootstrap.com/getting-started/
こちらのページのExamplesのところから、好きなページのソースを使って適用させて下さい。

Bootstrapの一番の肝はGrid systemだそうです。
カラムを12に分割して考え、それをそれぞれの数字で割り、最後に12に合うようにカラムを考えていきます。

半分なら 6+6 = 12
サイドバーの付いた2カラムなら 8+4 = 12

のような感じです。
言葉で説明するよりソースコードを見たほうが早いかも知れません…
Grid systemを覚えた後に、色々なカスタマイズ方法を調べていくのがいいと思います。

WordPressの組み込み

こちらが今回は時間が無くてそこまで出来ませんでした。
本当はWordPressの関数を使用して組み込むみたいでした。

一番初めての組み込みならこの本がおすすめです。
初めて覚える際に色々本を買ったのですが、この2冊あれば大体理解できると思います。
何か宣伝みたいですが…

以上が第67回「WEB TOUCH MEETING」でした。
ほとんどお金をかけずにこういった講座をしてくれるので、非常にありがたいですね。
自分はWordPressは全て独学で覚えたので、かなり苦痛でした。
もし初めて覚える時にこういった機会を知っていればもっと楽しめましたね。

ありがとうございました。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント