バンドの写真の撮り方を考える

バンドの写真の撮り方を考える

皆さんバンドの写真は撮っていますか?
いざ写真を撮ってもなかなか上手に撮れて無い事が多いと思います。

そこで今回はバンドの写真を撮るときにどのように撮っていくか考えたいと思います。

構図を覚える

写真には色々な構図があります。
基本の構図を知ってると知らないとでは、写真の撮れ方がだいぶ違います。
下記の記事を参考に、構図を覚えると良い思います。

写真がもっと上手くなる!構図の基本テクニック12選

個人的にオススメするのは三分割構図です。
カメラのグリッド機能を使えば、線を引いてくれるのでわかりやすいです。

全部覚えなくても、気に入った構図を覚えればいいと思いますよ。

色々な角度から撮る

構図を覚えたけどなかなか、普通の写真した撮れない!
そんな時は角度を変えるもの良いです。

  • カメラを持ち上げて上から撮ってみる。
  • 床ギリギリの所から撮ってみる。
  • 寝転がって撮ってみる。

など色々あります。
普段の目線ではないとところから撮るとなかなk新鮮だと思います。

撮りまくる

単純に撮りまくるのが手っ取り早いかもしれません。
考えてもいい写真が思い浮かばなければ、何も考えずにいっぱい撮って見て下さい。

加工する

加工をするとそれっぽい写真になることもあります。
でもソフトが無いと加工自体が難しいですよね。
最近はスマートフォンのアプリでも写真を簡単に加工できます。
そういった物を扱って簡単に写真を加工してはどうでしょう。

雑誌を参考にする

雑誌を参考するのは非常にいいと思います。
やはりプロの方が撮っている写真は構図も格好いいのが多いです!
インタビュー雑誌だけではなく、楽器情報雑誌も楽器を上手く使った構図が格好いいですよ。

以上が考えた写真の撮り方です。
なかなか思い浮かびませんでしたが、みなさんの参考になれば幸いです。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント