4つのポイントで考えるバンドマン連絡攻略マニュアル

4つのポイントで考えるバンドマン連絡攻略マニュアル

バンドとやっている方が苦労する事の1つに連絡とデータ共有があります。
私は昔mixiで連絡をやっていました。
しかし、SNSを使って連絡交換は難しい…

そこで、複数人で連絡交換とデータ共有をどうやって出来るのか考えたいと思います。

条件は、

  1. パソコンを得意ではないと想定する
  2. 使うサービスは1つだけ
  3. 完璧を求めない
  4. スマートフォンを使う

の4つにします。
ミュージシャンの人はパソコンがあまり得意ではない方が多いと思います。(かなり主観的ないけんですが…)
そこで、この4つの条件にしました。

では考えていきます。

LINEで連絡、データ共有する

おそらくこの選択が一番だと思います。
使っている方も多いので、新しく使い方を覚える必要は無いですね。
また使い方がわからなくても、友人に誰かしら使っている方はいると思います。

ではどのようにLINEを使用するか説明したいと思います。

パソコン用のLINEでデータ共有する

知っていない方もいるのですが、LINEにはパソコン用のもあります。

無料通話・メールアプリ LINE(ライン)
LINE(ライン)は、24時間、いつでも、どこでも、無料で好きなだけ通話やメールが楽しめる新しいコミュニケーションアプリです。

こちらからダウンロードできます。

わざわざパソコン用のLINEを入れるのは理由があります。
データ共有をするためです。
スマートフォン用のLINEは送れるデータが決まっています。
なので、作成したデモ音源や、PDFを送る時はパソコン用のLINEを使用する必要があります。

パソコンのLINEからデータを送る方法は簡単で、
会話している所に、ファイルをドラッグアンドドロップするだけです。

気をつけて欲しいのが、LINEはアップロードしたデータがそのうち消えていくので、
必要なデータは消さずにパソコンに残して下さい。

またパソコンを持っていない方やソフトを入れたくない人は、無理にLINEを入れなくてもいいですよ。
データを扱う必要がある人だけ入れて下さい。

バンドメンバー用のグループを作る

LINEのグループを作ります。
知らない方は下記の記事を参考にして下さい。

LINEのグループトークの便利な使い方。実は2種類あるって知ってましたか? - たのしいiPhone! AppBank
LINEのグループトークは、実は2種類あるって知ってましたか? LINEでは、複数人でメッセージをやりとりするグループトークという機能があります。 複数人で同時にやりとりできるので、みんなでワイワイし…

 グループを作って連絡内容を共有すると、連絡の漏れがないと思います。

忘れてはいけない連絡はノートを使う

LINEはしばらくすると会話が消えます。
またスタジオの予約時間や待ち合わせの場所や時間などは、
会話をしてるうちに上の方に行ってしまうので、見難くなります。

そういった消えて欲しくない会話や、
何回も確認したい情報はノートという機能を使いましょう。
下記の記事を参考にして下さい。

LINE(ライン)の使い方ガイド - ノート機能を使おう
スマホ(iPhone,Android)で大人気のLINE(ライン)を徹底解説!LINEの使い方や利用・設定方法をわかりやすく画像つきで解説しています。 - このページはノート機能の説明ページです。

気をつけるのが、ノートはパソコンの画面から確認できません。(2014年4月現在)
ノートの内容を確認する時はスマートフォンで確認しましょう。

歌詞や楽譜やコード進行は紙に書いて写真で送信する

歌詞や楽譜やコード進行は、パソコン上やスマートフォン上で打つのは慣れてない人にとってはかなりしんどいですよね。
なので、そういった情報は紙に書いて写真で撮って、共有するのが良いと思います。
ただどうしても見難くなりますので、余裕があればプリンターでスキャンした形の物を使ってもいいでしょう。

以上が考えた複数人で連絡交換とデータ共有する方法です。

他にもチャットワークサイボウズLiveといった、無料のグループウェアというのもあります。
今回は簡単な方法に限定したので、グループウェアを使う方法は考えませんでした。
詳しく見たい方はこちらの記事を参考にして下さい。

起業家が知っておきたい無料で始められるグループウェア5選
最近は無料のグループウェアが充実してきています。チームで相乗効果を発揮するために、ビジネスの情報を素早く共有し効率化できるクラウドアプリやグループウェアは、今や必須になってきているのではないでしょうか?ビジネスを効率化できるグループウェアを今日はご紹介します。

みなさんもバンド内で良い連絡方法を使って、
円滑にバンド活動を進めてみてはどうでしょうか?

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
* (公開されません)
*

Facebookのコメント